out
ひやおろし
新着商品
paypay決済はじめました!
銘柄一覧
おうちでBar
 

トップ > 日本酒 > スパークリング > 陸奥八仙 prototype2022 500ml

陸奥八仙 prototype2022 500ml
陸奥八仙 prototype2022 500ml
陸奥八仙 prototype2022 500ml
陸奥八仙 prototype2022 500ml

陸奥八仙 prototype2022 500ml

価格: 1,650 (税込)
数量

SOLD OUT

銘柄一覧




未成年者の飲酒は法律で禁止されています

paypayでお支払いのお客様へ

商品説明

低アルコールで飲みやすく、ちゃんとおいしいスパークリングを目指しています。
去年からアルコール7%に挑戦しておりますが、今年は酸度アップでより爽やかに仕上げました。
グレープフルーツを思わせる柑橘系のシュワシュワをお楽しみください。
噴出す恐れがありますので、よく冷えた状態で開栓して下さい。
オリが沈んでますので、お好みで優しく混ぜながらお楽しみください。
(蔵元コメント)

商品について

商品名 陸奥八仙 prototype2022 500ml
タイプ スパークリング
容量 500ml
アルコール度数 7度
使用米 米(青森県産)、米麹(青森県産米)
蔵元 八戸酒造/青森県
その他 -

蔵元紹介

創業1775年。本社は青森県八戸市湊町。
江戸時代における高島商人(滋賀県高島郡)を出自とし、明治期に盛岡から八戸へ移住、そして大正期に駒井酒造店という名称で現在の地に蔵を構える。
当時、スコットランドより輸入した鉄筋とレンガから造られた6つ蔵は「文化庁登録有形文化財」「八戸市景観重要建造物」に指定されている。
経営は近年まで協同組織として酒造りを行っていたが、1998年に協同組合から完全独立。
代表銘柄の「陸奥八仙」はこのときに誕生する。2009よりかつての自社蔵での生産も始り現在に至る。
お酒の原料には、緑豊かな里山より湧き出る、蟹沢(かにさわ)地区の水と、全量青森県産の酒造適合米「華想い」「華吹雪」「吟烏帽子」他、「まっしぐら」「レイメイ」等を使用。
日本酒ファンの特に若い世代に好まれる淡麗辛口の味わいを醸す蔵として近年、注目度が上昇している。

ペアリング

関連商品

この商品のレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :

レビューを投稿する

入力された顧客評価がありません。